スーパー雑記

森羅万象のコラム

いい夫婦の日の危険性

f:id:HRQUIZ:20211122234818p:plain

11月22日は「いい夫婦の日」

11(いい)22(ふうふ)と読ませ語呂合わせが好きな日本ならではの日である。

こういう日にはささやかなプレゼントを用意したり、食事に出かけたり、きちんとパートナーに感謝を伝える事でより夫婦円満となることが出来る。

はっきり言ってちゃんとそういうことをやった方がいい。

それもそのはず、この日は夫婦仲崩壊の危険性も含まれているのだ。

 

 

記念日

端的に言う。

 

男性よ、記念日をちゃんと祝え。

 

いい夫婦の日の危険性とは、きちんと祝わなかった時に生ずるパートナーへの不満だ。

これが中々回避しづらい。

なぜなら誕生日や結婚記念日、母の日は祝っていて、油断したところにやってくるのが、この「いい夫婦の日」なのである。

微妙な非公式感のある記念日だが、女性は敏感である。

非公式感のある記念日もきちんと押さえて祝うことで女性はよりあなたに惚れ直すであろう。

今年がダメだったあなたは、来年頑張ろう。

まだ、夫婦でいられる状態ならであるが。

 

 

ださい男

この際だから一番ダサいタイプを紹介しておこう。

当てはまる人は要注意である。

 

いい夫婦の日の存在を知らなかったり、知っててもド忘れしてしまった人はとても可愛げがある。そんなに心配しなくても大丈夫だ。

一番ださい男とは。

 

「しっかりと把握してるのにあえてお祝いしない奴」

 

超ださい。

「俺はそういうよくわからない奴が作ったものに踊らされねぇんだよ!」みたいな考えが透けて見えてださい。

多分、ちょっとその方が面白いんじゃないぐらい思ってて末期。

恐らくシュールなお笑いが好きな奴。

今すぐ改心した方がいい。

 

そう。

 

私である!

 

妻よ、いつも色々ありがとうございます。

本当にあえてが面白いと思っている変な奴ですが、今後もよろしくお願いします。

 

ちなみに妻はそんな私の性質を見越してか、仕事終わりに「今日はいい夫婦の日なんだって」とLINEを送ってきて先手を打っていた。

恐るべし。

大人しく甘いものを買ってきましたとさ。

めでたしめでたし。