スーパー雑記

森羅万象のコラム

溢れんばかりの笑顔が怖い

f:id:HRQUIZ:20210908180929p:plain

電車でビジネスパーソン3人が話をしていた。

その中の一人が溢れんばかりの笑顔を振りまいていた。

ぎこちなさのない素敵な笑顔。

怖い。

その笑顔が怖いのだ。

 

 

パーフェクトスマイル

私は笑うのが下手だ。

とはいえ仕事の時は笑うのを意識している。

意図して笑おうとして、上手く笑えないという状態だ。

それに比べて笑顔が完璧な人は意図して上手く笑っているわけだ。

心から笑ってないのにそんな笑顔ができる人間が怖いのだ。

その能力の高さから畏怖を感じる。

「気を抜いたらやられる!」っという危機感を感じさせられるのだ。

 

スマイル0円

そんな私だからマックことマクドナルドは畏怖の象徴なわけだ。

常にスマイル。

昔スマイル0円なんてのも打ち出していたぐらいだ。

だが悩みもある。

マックは畏怖の象徴だが、娘はハッピーセットを食べたいという思いがある。

二つの感情に板挟みにあっているのだ。

ついでに言うと、私はチキンタツタが好きなので、チキンタツタを食べたい葛藤ある。

ただ、妻に頼むことであっさり解決。

支え合い万歳。

 

マック赤坂さん

スマイルといえばこの人。

「10度、20度、30度!スマイル!」でおなじみマック赤坂さん。

スマイルに関わる人には「マック」がもれなくつくのか?

でもマック赤坂さんは怖くない。

スマイルが下手ということを遠回しに言っているのではない、単純に面白いのだ。

あんなん笑わないの方が難しいわ。

 

努力の象徴

溢れんばかりの笑顔を勝手に恐れているのだが、それ自体はとても良いことなのだ。

努力の象徴である。

笑顔によっていろんなことが円滑に進む。

上司のよくわからない話を聞きながら、心の中では「チキンタツタ早く食べてぇな」なんて思っていてもおくびにも出さずにスマイル!。

これからもパーフェクトスマイルを見るたびに「すごいなぁ」と思うと同時に「心の中でチキンタツタ食べてぇなって思ってるのかな」と思う続けるのだろう。