スーパー雑記

森羅万象のコラム

MENU

アタック25終了で激震が走る

f:id:HRQUIZ:20210624095638p:plain

激震、激震。

日本に激震が走る。

パネルクイズアタック25が今年の秋に終了とのこと。

こんなの激震以外の何者でもない。

 

最近のオリンピックをやるやらないのニュースを見ても全然激震が走らず、心が特に揺れない私が、朝から動揺と喪失感。

心なしか心臓が痛い。

 

自分に関係すること、興味があることだけの時事に一喜一憂をして実に人間らしくて嫌になるが、とても激震。

 

クイズ初心者にとってアタック25は、本格早押しクイズを見て楽しみ、勉強にもなる貴重な番組。

アタックチャンスの時の手の揺れが見れなくなるなんて激震すぎる...。

アタックチャンスでもないのに揺れてしまう。

 

※クイズ初心者の件は、参考記事をどうぞ。

参考記事:クイズ王・古川洋平さんに憧れる

hrquiz.hatenablog.com

 

「いつかは、あの舞台に...」と私の夢の一つでもあった。

いわゆるクイズ王と言われる人はあの番組に出演経験があり、優勝や好成績をおさめる人が多数。

私も名だたるクイズ王にいつか肩を並べるのだと意気込んでいたのだ。

 

アタック25の終了のニュースを聞いて、2014年に番組終了を迎えた「笑っていいとも」に少し思いを重ねる。

いいともの終了に関して、私にとって激震はなかった。

ただ、あの時代の若手のお笑い芸人、またこれからお笑い芸人になろうと思ってた人にとっては、激震が走っただろう。

私のアタック25出場の夢と同じく「いつかは、あの舞台に…」と夢を持っていた人達が数多いたのではないかと想像した。

スター達の登竜門に出るんだ!と意気込んでいる姿を想像すると、今の私とだぶる。

 

目標がなくなることは辛い。

目標の喪失によってモチベーションを保てなった人もいたのではないだろうか。

笑っていいともに関しては、「森田一義アワー 笑っていいとも!」と森田一義ことタモリさんが冠されている番組なので、司会の交代しての継続というのは考えにくい番組であったので、いつか来る終わりというのは想像していた。

ようは激震を回避できていたのだ。

 

一方、アタック25は、司会の交代を経ても存続してきた番組。

これからも永遠にあるものという認識でいた。

なので、焦らずのほほんとクイズの勉強をしていた。

そんなところにアタック25終了のニュースを聞いたのだ、そりゃ激震は走る走る。

 

今秋は、日曜日のオアシスことアタック25終了することでの激震に、人類は打ち勝たなければならない。

 

アタック25今までありがとうございました。