スーパー雑記

森羅万象のコラム

MENU

古川洋平さんみたいなクイズ王になりたい

f:id:HRQUIZ:20210531134003p:plain

世の中には凄い人達がいるもんで、最近知ったのは競技クイズの世界の人達。

彼らは知識の幅がエグいし、問題なんて全部読まれることなんてほぼなく答える。

そんな世界に遠いところからでも触れるとすぐに影響されるもんで、私は競技クイズの勉強をしている。

どんな目標を掲げているかと言うと、もちろんクイズ王になりたいからだ。

競技クイズの世界だとその時代時代のクイズ王が存在している。

その中で、私が目指すクイズ王像となっている人がいる。 

古川洋平さんだ。

 

 

 

競技クイズの世界

そもそも私が競技クイズの世界を知ったのは、新型コロナウイルスが流行し初めの頃。

何となく外出するのが怖くなり、YouTubeを見始めた頃である。

今までYouTubeなんてあまり見てこなかったのだけれど、見てみると様々な背景を持った人達が様々なジャンルの動画を上げていてとても楽しい。

そんなYouTubeサーフィンをしていて、たまたま見た「カプリティオ」というクイズ法人が上げている動画が面白くて気付けばチャンネル登録していて、ステイホームの密かな楽しみになっていた。

その「カプリティオ」の代表がクイズ王・古川洋平さんだ。

クイズが強いのは勿論、司会進行、人狼、お笑い、ダイエットとマルチな才能がある。

私が目指したい人物像の人が「バン!」と急に現れて衝撃だった。

マルチな才能を持ちながら、能力が中途半端でないという男の夢が満載。

「エンペラータイム中のクラピカか?」と思ったわ。

古川さんがクイズ王と呼ばれるのにはもちろん理由がある。

高校時代、大学時代と学生クイズの全国大会で優勝を重ねたからだ。

野球で言うと甲子園の春夏連覇を何度も成し遂げたようなものである。

私はそもそもそういった学生の競技クイズの大会があるのは知らなかった。

クイズ研究会というものは、趣味の集まりでその研究会内でクイズをしたり、高校生クイズに出たりするぐらいかと思っていた。

実際には様々な大会があり、全国の猛者と凌ぎを削る厳しい世界があった。

ちなみに古川さんは立命館大学に高校時代の競技クイズの成績を評価される形で入学される。

大学の入試にも繋がる世界なのだ。

 

私だけでなく人間全体に当てはまることだが、人生には目標がないと人は生きがいを失くすものだ。

私はクイズ王になる前は、ダーツのプロを目指していた。

正直上手くないのだが、地道に練習したり、アマチュアのリーグに出たりして夢に向けて突き進んでいた。

それだけで何か満たされていた。

そんな中、新型コロナウイルスの流行となる。

コロナ禍で感じたことであるが、才能や努力といったことに関わらず、目標や夢が制限されるということがあるのだと知った。

イベントや大会がないのだ。

また、あっても仕事への影響を考えると参加が出来ない。

努力をしてもそれを披露、発揮する機会がないということが、どんなにモチベーションを維持するのに大変か。

アマチュアならまだしもプロと言われる人たちの活動にも制限がなされていた。

私は、まぁ仕事があまり好きではない。

仕事以外で必死に自分が何者であるかを表現出来るものを探していた。

…かっこいい書き方したが、ただ仕事を辞めて自分のやりたいことをして生活がしたいのだ。

そんな中、目の前に現れたクイズ王・古川洋平さん。

「クイズなら家でも出来るのでは?」

そう考えると同時にクイズ王になりたいと思った。

 

ストイック

目標が出来たのはいいが、古川洋平さんはとてもストイックである。

クイズに対しても、人狼に対しても、ダイエットに対してもストイック。

競技クイズの世界の人達は基本ストイックな人ばかりの中で、皆が古川さんをストイックと評するあたりストイックの権化。

今から私がその領域になるには相当な努力が必要なのである。

仕事と家庭を犠牲にせずに成し遂げると考えると途方もないし、そもそも私は自分に甘い。

だが、長期戦で考えることにした。

本当に地道に地道に続けることで成し遂げられるのではないかと。

歩みを止めてしまうのが、なんか良くない気がした。

 

いつか会えるといいな

夢は、クイズ王であるがその過程の夢として古川さんに会いたい。

もっと言えば、カプリティオのメンバーに会いたい。

ただ、会うというより何か一緒に仕事というか活動を一緒に1回でもしたいのである。

そのためには、何でもない人では成し遂げられない。

他者にとって、古川さんにとって、カプリティオのメンバーにとって魅力的な人間にならなければならない。

その夢を叶えるきっかけはクイズかも知れないし、こういったブログでの発信かも知れないし、はたまた全く別のきっかけかも知れない。

歩みを止めなければ必ず叶うと信じて。

そしてまた、イベントや大会が活発になった日本を夢見て。

そのために、まずは、懸命に生きよう。